GPS追跡比較ラボ
GPSnext
GPSnext

GPSの精度は場所や製品によって変わってくるのか悩んでいる方へ

GPSの精度は測位を行う環境に強く影響されます。山などの急斜面では、地面そのものが壁のように立ちはだかり、測位可能な衛星が限られて偏ってしまいます。

GPSの精度は谷部など周りを斜面で囲まれている場所では、測位が非常に難しくなり、森林内などの樹冠や都市内の高層ビルなどもGPS測位精度の障害となります。

GPSの精度は「正確度」と「精密度」の2つに大きく分けられます。
GPS精度の正確度とは、測定された数量がその値にどれほど近いかを示すものです。
GPS精度の精密度とは、複数行った測定のそれぞれの結果がお互いにどれほど近いかを示すものです。

GPSの精度について事細かく説明するとすごく難しく専門的な話になってしまいますので、とりあえず知っておいてほしいのは、場所によって誤差が生じるということです。

GPSの精度に誤差が生じる理由

GPSの精度は場所によって誤差が生じると説明しましたが、製品によっても誤差が生じることがあります。

GPSの精度ですが、GPSはそもそもアメリカ軍が開発したもので、それを民間でも利用できるようになったのが始まりで、軍事的に悪用されないようにわざと多少の誤差が生じるようになっています。

GPSの精度が良いと言われている個人が入手できる製品で、1メートルから10メートルの誤差は必ず生じてしまいます。なので、GPSの位置情報を鵜呑みにしすぎるのも良くないでしょう。

GPSの精度は製品によっても違いがある

GPSの精度は製品によっても違いあり、誤差30メートルのもあれば50メートルのものもあります。

GPSの精度が悪く、大きな誤差の生じる製品は、比較的安価でレンタルできるものがありますので、GPS追跡比較サイトなどを見て他にどういう性能の違いがあるのかを確認してみてください。

GPSの精度の確認方法

GPSの精度から製品を選ぶ場合は、1つ注意が必要です。GPS追跡機器のレンタルなどの製品サイトには誤差1メートルとだけ書かれたものもありますが、GPSの精度が1メートル以上の誤差はでないという意味ではなく、最高1メートルまで正確な位置情報が割り出せるというもので、GPSの精度が誤差10メートルと書かれた製品と実際は変わりません。

GPSの精度が誤差1メートルと書かれていても誤差10メートルあたりまでズレが生じることがあると認識していただきたい。

GPSの精度だけで製品を選ばない

GPS追跡機器レンタルをしようと思っている方は精度を重視するのも大事ですが、目的に合った製品、例えば浮気調査で利用したいならば、GPS追跡機器の付け外しを繰り返し行いバレるリスクを軽減させるために「バッテリーの持続性」の良いものを選んだり、指定した日時や曜日、等間隔で自動で検索できる機能「自動検索機能」が搭載されているものを選んだりと使用目的に合った製品選びをすることが大事です。

GPSの精度や性能の良い製品とは

GPSの精度、バッテリーの持続性、自動検索機能も搭載されていてレンタル料金も比較的安価な製品は「ムセンショップ仙台」の「JIS-4000」というGPS追跡機器です。この製品が売れても私に何の得もありませんが、比較した結果、浮気調査ならズバリこれだと私は思いますので、一度スペックなどを確認してみてはいかがでしょうか。

GPS追跡商品を比較した内容はコチラ

GPS追跡レンタル【イチロク】
イチロク
公式サイト
詳細情報
GPS追跡レンタル【ムセンショップ】
ムセン
公式サイト
詳細情報

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ